イベント  カイユボット展-都市の印象派
10/10/201300:00 TV5MONDE
event_overlay_カイユホット展.jpg

カイユボット展-都市の印象派


「カイユボット展-都市の印象派」が10月10日(木)から12月29日(日)まで、東京・京橋のブリヂストン美術館で開催されます。印象派を代表する画家ギュスターヴ・カイユボットの全貌が日本で初めて紹介されます。
ギュスターヴ・カイユボット(1848–1894)は、モネ、ルノワール、ドガなどと並んで、印象派を支えた同派を代表する画家です。1876年の第2回印象派展に出品し、以降5回にわたって中心メンバーとして活躍しました。
 
裕福な家に生まれたカイユボットは印象派展の継続に尽力するとともに、友人たちの作品を購入することで経済的な支援を続けました。彼が収集した作品が国に遺贈され、パリのオルセー美術館の重要なコレクションになったことは有名です。
 
近年、社会史的な観点からカイユボット作品を見直す機運が高まり、近代パリの新しい風俗や都市風景を光あふれる繊細な筆致でとらえた作品が関心を呼んでいます。彼が描く都市や室内の情景は、同時期に近代生活を描いた巨匠マネやドガと同様に「現代性」を喚起させる一方、魅力的な風景画も多数残しています。
昨年、開館60周年を迎えたブリヂストン美術館は、印象派を中心とするフランス近代絵画がコレクションの中核を占めます。同館が日本で初めてギュスターヴ・カイユボットの全貌を紹介します


 
Date:10月10日(木)~12月29日(日) 
Lieu:ブリヂストン美術館(東京・京橋)
TV5MONDEはフランス語の国際総合ネットワークです。映画、ドラマ、ニュース、スポーツ中継、ドキュメンタリー、トラベル、青少年番組、グルメ、インテリア、エンターテインメントショー等々、多彩な番組を字幕付きで放送しています。 TV5MONDEでは自主番組の他、フランス、カナダ、ベルギー、スイスのフランス語圏の公共放送機関と国営放送局10局の番組を放送し、2億6千万世帯が視聴可能です。番組は放送地域に応じて編成され、12言語の字幕が付いています。TV5MONDEは知識人やビジネスエリートをはじめ、世界中に広がるフランス語コミュニティの幅広い視聴者層から支持を得ています。

おすすめ

 

おすすめ

 

おすすめ