グルメ  サーモンのムニエル、オレンジソース
ムニエルと言えば、魚に粉をまぶしてフライパンで焼く、簡単料理。私の母を思い出します。魚の定番洋風料理だったな〜っと。生サケ、さば、アジ、をさっと焼いて、レモンを添えていたような。付け合わせは粉ふきイモ!。特別な日には、キュウリが沢山入っているタルタルソース付き。”ムニエル”って当たり前のように昔から食べていたので最近までフランス料理だなんて知りませんでした。。。きゃ〜。田舎の母は知ってたのかしら?
 
1-DSCN6826.jpg
 
” à la Meunière” est l’un des populaires classiques français, et la façon la plus simple de cuire le poisson, ainsi que sa sauce. - Il signifie “Sauté de poisson (Sole) avec de la farine, de beurre, de citron et de persil“. Le mot lui-même signifie “femme de meunier“. Donc, vous devriez fariner  le poisson, d’abord. Ensuite, faire sauter le poisson au beurre, puis ajouter le citron! il est plat frais, savoureux et élégant. Super facile.
 
Sole-meuniere.jpgんで、調べてみました。Wiki。フランスでは定番は舌平目のムニエル、 Sole Meuniereでもバターたっぷり、そして花形にきったレモンとパセリがそえられています。発音は”ムニエル”でなくムニエ〜。。。どうりで気付かないはずだわ(←言い訳?)ムニエルとはWiki より『ムニエ(meunier、粉屋または製粉業者)の女性形で、「○○・ア・ラ・ムニエール」は、「○○の粉屋または製粉業者のおかみ風」(○○には魚の名前が入る)という意味である。例えば、舌平目のムニエルはフランス語でソール・ア・ラ・ムニエール。。。』だそうです。
 
Sole Meuniere– meunière, adjectif  — Se dit d’un poisson fariné et cuit au beurre [Cuisine]. Ex Une sole meunière.
 
1-DSCN6824.jpg

材料:生サケ、塩胡椒、小麦粉。 ソース:ブラッドオレンジ(なければオレンジ)1つ、トマト1つ、みじん切りのエシャロット2つ(なければオニオン1/2)。フレッシュローズマリー、蜂蜜、塩胡椒、タバスコか辛いソース。
 
1)サケに小麦粉をつけて焼く(皆さんムニエルはご存知なので、コツは下記!)
 
2)オレンジの実を房から取り出す。めんどくさいならジュースをしぼる。トマトは小さめのざく切り。
 
3)フライパンにミジンの玉ねぎをよく炒めて、トマトをいれてソース風になるまで炒める。オレンジを入れる。ジュースなら半量になるまで煮詰める。このなかに、ハーブ、蜂蜜、塩胡椒、タバスコか一味などをいれて味をととのえる。オレンジの皮を少しだけ使用すると香りがいいです。 皿にもって出来上がり!写真はポテトのソテー付き。
さて、ムニエルのコツ。
 
①粉を付け過ぎない事。余分な粉ははたいて落とす事。カリカリにならず、余計ベトベトになってしまいがち。
 
②薄いフィレの場合は片面 だけ小麦粉を振うのもOK。片面 はジューシーでカリッと。反対の面はふんわりです。
 
③魚を焼くとき、強火ではなく中弱火。フィレの色が下からじわじわと全体の3/2まで変わったらひっくり返す、裏返したら、1分ほどで火を止める。余熱利用しましょう。
 
④青魚、サケなどのムニエルはしっかり油切り!臭みが減るのとソースがにじまずキレイ。
 
1-DSCN6827.jpg

Ma recette est beaucoup plus léger, et bon pour la personne qui est sur le régime .. Pas 100g de beurre! J’utilise une orange et une tomate pour ajouter de la fraîcheur supplémentaire. J’utilise des saumon car du coup d’OMEGA 3. Bien sûr, suit le classique est bon, aussi. vous pouvez utiliser des poisson blanc à chair ferme, comme le tilapia, la sole, le cabillaud, l’églefin.
 
Ingrédients (pour 2 personnes) :
- 2 fillets de saumon
- farine, beurre,
- 1 cuil. à soupe d’Huile
- Sel et  Poivre
 
- 1 ou 2 orange sanguine,
- 1 o tomato
- 1 ou 2 echallots
- wine, miel, romarin,Sel et  Poivre, chillis (hot sauce)
 
Préparation de la recette :
 
1Enlever la peau brune des saumon et  salée et poivrée
2Apres 10min, dans un plat, fariner le poisson des deux côtés et enlever l’excédent.
 
3Dans une poèle, mettre l’huile et un peu de beurre à chauffer,  y déposer les filets de poisson.  Colorer les filets 3-5 min côté peau, retourner, dégraisser la poêle, couvrir et laisser reposer.
 
4 Dans une poêle, faire revenir l’oignon émincé avec 1 cs d’huile d’olive puis avec le orange et tomato, déposer la moitié des zestes. miel, sel, poivre, et chilles et herbs.
 
5 Dresser le filet et sauce ( Le dessous du poisson est les pommes de terre écrasées au thym)
パリ在住の料理研究家・野菜ジュニアソムリエ・フードアナリスト登録。高校からカナダ、メキシコに渡り国際経済、ビジネスを卒業。その後、北米、東京、欧州で勤務。海外でよくゲストを招き大好きなお料理でおもてなしを楽しむ。東京では近茶流・柳原料理教室で伝統の日本料理、懐石の基礎を学び。フランス、パリ・コルドンブルー本校卒業後は仏外務省のキッチンへ。世界の名立たるワインと日本酒の知識を得、ワインとお酒、そして料理のマリアージュをテーマに世界のセレブ達の食事、パーティーのおもてなし料理を作る出張料理人。お料理教室では、旬のBIO野菜を使って簡単でおしゃれな家庭料理や保存が効くお惣菜を中心に、バター少なめの軽いフレンチ、健康的な和モダンフード、そして、アレルギーの子供達へ代用食材を使ってのお料理を提供。インターナショナルな生徒が集まるため、英語、フランス語、日本語、スペイン語でのお料理教室。外国人生徒にはパリ郊外のオーガニック畑から送られる新鮮な日本の野菜で和の家庭料理・日本酒愛好家のためにお酒とおつまみ。そして大人気のカワイイBENTO風を披露。Webなどにパリ日記・おいしい食べ歩き・レシピ提供しフランス料理をはじめとする世界各国の料理に挑戦する毎日。

おすすめ

 

おすすめ

 

おすすめ