グルメ  赤い果実とマスカルポーネのムース
13/05/201611:16 Mayu-Kitchen


菜の花:赤い果実とマスカルポーネのムース
 
 
菜の花を見ると春なんだな~と思う。 都会に住んでいると滅多に見かけない菜の花畑。少しだけ郊外に行けば、田舎道の周りは突然広がる、黄色いカーペットなんてこともよくあるフランス。

 
1.jpg
 

旅路で見つけた菜の花を拝借して(!)赤い果実とマスカルポーネのムースを作りました。 菜の花の飾りが可愛い。 春!!春!!春!って感じでしょ。

 
2.jpg

3.jpg
 

作り方は簡単。マスカルポーネと卵白(なければ生クリーム)を混ぜるだけ!そして、イチゴとラズベリー。 フランスではベリー類は6月頃が旬。でも4月頃から出てるんですよね。 シンプル、イズ ベスト!


4.jpg
 
 

マスカルポーネのムースと赤の果実
 
1.     
400gのイチゴ,ラズベリーなどにグラニュー糖(分量外)、レモン汁をふりかけておく。
2.     マルカルポーネ200gに60gのグラニュー糖+バニラエッセンスを入れて、泡立て器でよく滑らかにしておく。
3.     卵白3つ分をふわふわにメレンゲにする。もし卵白がなければ、生クリーム200ml をふわふわにしておく。
4.     マルカルポーネの中に1/4泡立てメレンゲ(生クリーム)を入れる。混ざったら、また1/4。その後、メレンゲ(生クリーム)のボールに全部移してよく混ぜる。
5.     グラスに、マスカルポーネムースとフルーツを交互に入れ、最後にフルーツ+菜の花で飾る。
 


5.jpg

 
パリ在住の料理研究家・野菜ジュニアソムリエ・フードアナリスト登録。高校からカナダ、メキシコに渡り国際経済、ビジネスを卒業。その後、北米、東京、欧州で勤務。海外でよくゲストを招き大好きなお料理でおもてなしを楽しむ。東京では近茶流・柳原料理教室で伝統の日本料理、懐石の基礎を学び。フランス、パリ・コルドンブルー本校卒業後は仏外務省のキッチンへ。世界の名立たるワインと日本酒の知識を得、ワインとお酒、そして料理のマリアージュをテーマに世界のセレブ達の食事、パーティーのおもてなし料理を作る出張料理人。お料理教室では、旬のBIO野菜を使って簡単でおしゃれな家庭料理や保存が効くお惣菜を中心に、バター少なめの軽いフレンチ、健康的な和モダンフード、そして、アレルギーの子供達へ代用食材を使ってのお料理を提供。インターナショナルな生徒が集まるため、英語、フランス語、日本語、スペイン語でのお料理教室。外国人生徒にはパリ郊外のオーガニック畑から送られる新鮮な日本の野菜で和の家庭料理・日本酒愛好家のためにお酒とおつまみ。そして大人気のカワイイBENTO風を披露。Webなどにパリ日記・おいしい食べ歩き・レシピ提供しフランス料理をはじめとする世界各国の料理に挑戦する毎日。

おすすめ

 

おすすめ

 

おすすめ