グルメ  パリのアランデゥカス後編
27/07/201611:39 Mayu-Kitchen


前回の続き〜: メインも食べ終わりお腹がいっぱい!でも、フランスにはKillerなものが待っている。どうしても、食べたくなってしまうチーズ達。無理なのはわかっていても全部味見したい!一度でいいから全部!(私もやったことないし、全種類お皿に盛り込んでもらっている人は見たことないですが。
 

1.jpg
 
 
今日のヒットはFitou!  左下のいかにも柔らかそうなチーズ。Fitouってワインの産地の名前なんですが、チーズにもFitouというのがあるそうです。でもウエブに出てこない。。。聞き間違え?
 

2.jpg
 
 
もうおひとついかが?
 

3.jpg
 
 
デザートはこちら! 今日、これが一番うまかった!ます、お一人様なのに、まるまる4人分のタルトを持ってきます。目の前で サーバーが巨大なチョコの塊をスリスリすると、チョコパウダーが舞い落ちます。綺麗に半分に切って中がトロ〜とでそうになるとお皿にのて、極上のバニラアイスと共に召し上がれ!うっとり見惚れるチョコレートケーキ!!苦い大人のチョコレートが好きな方は是非どうぞ。
 
 
4.jpg
 
 
めっちゃビターなチョコレートフォンダン。プレゼンした残りの半分はキッチンに持ち返ってしまうのですが、持って行かないで!!!と叫びそうになりました。
 
 
5.jpg
 
 
うちのダーリンが世界で一番美味しいと言っていたババ
 
 
6.jpg
 
 
世界で一番エレガントな、そして高級品のババといったほうが正解!確かに美味しいっていうかこの銀食器とテカテカのババに圧倒されます。
 
 
7.jpg
 
 
このお土産もついて、大満足。 ごちそうさま〜〜〜
 
 
8.jpg
 
 
素敵なバースデーになりました!ありがとう。
 
 
9.jpg
 
 



Le Meurice Alain Ducasse | Restaurant Gastronomique Paris
 

http://www.alainducasse-meurice.com/en
 Address: 228 Rue de Rivoli, 75001 Paris
Phone: 01 58 00 21 20
 


 
パリ在住の料理研究家・野菜ジュニアソムリエ・フードアナリスト登録。高校からカナダ、メキシコに渡り国際経済、ビジネスを卒業。その後、北米、東京、欧州で勤務。海外でよくゲストを招き大好きなお料理でおもてなしを楽しむ。東京では近茶流・柳原料理教室で伝統の日本料理、懐石の基礎を学び。フランス、パリ・コルドンブルー本校卒業後は仏外務省のキッチンへ。世界の名立たるワインと日本酒の知識を得、ワインとお酒、そして料理のマリアージュをテーマに世界のセレブ達の食事、パーティーのおもてなし料理を作る出張料理人。お料理教室では、旬のBIO野菜を使って簡単でおしゃれな家庭料理や保存が効くお惣菜を中心に、バター少なめの軽いフレンチ、健康的な和モダンフード、そして、アレルギーの子供達へ代用食材を使ってのお料理を提供。インターナショナルな生徒が集まるため、英語、フランス語、日本語、スペイン語でのお料理教室。外国人生徒にはパリ郊外のオーガニック畑から送られる新鮮な日本の野菜で和の家庭料理・日本酒愛好家のためにお酒とおつまみ。そして大人気のカワイイBENTO風を披露。Webなどにパリ日記・おいしい食べ歩き・レシピ提供しフランス料理をはじめとする世界各国の料理に挑戦する毎日。

おすすめ

 

おすすめ

 

おすすめ