グルメ  アランデゥカスのチョコレート
11/11/201615:01 Mayu-Kitchen


アランデゥカスといえば、フランス料理界の帝王。その名を知らない人はまずいない。パリのプラサ アテネ、ムーリス、世界のドーチェスターコレクションズ、世界の5星ホテル内の最高級レストランといったら”アランデゥカス”。ミシェラン星キラキラの非日常空間で、稲妻に打たれたみたいにビリビリきちゃう、”感動の食事!”に出会える場所。しかし。。。食事の終わり、あの紙切れを見ると、飲み込んだ物がウエ〜〜と飛び出る程、お高いなんです。(すみません、ばっちい表現で!)こんなの毎月?いえいえ、毎年だって、できません。。。


1.jpg
 

料理界の帝王の名前がついたチョコレート屋さんでジャム?フォアグラ瓶に入っているチョコクリーム<pâte à tartiner>を発見!。フランスの子供が大好きな「ヌテラ (Nutella)」チョコ&ヘーゼルナッツ風味のパンに塗って食べるペースト)っぽいのだけど 。。。


2.jpg


味見をしたらビックリ!まず超、超、超、濃厚。トロ〜リじゃなくて、ドロリでもない。ヌチョ〜て感じ(笑)。砕いたナッツのプラリネがじゃりじゃり詰まって、ナッツの香りがプンプンする。小指の爪程食べれば満足するチョコレートとの出会い❤️。 さすがアランデゥカスです。小さいもので15eur/普通サイズh30eur! 庶民のヌテラと比べちゃいけないけど、やっぱり値段もさすが!たかがチョコレートクリーム、されど、チョコレートクリーム! プティセレブになった気分で召し上がれ。

3.png

ちなみに、うちのフランス人は一夜にしてこの瓶半分も食べた!うまい、うまいとスプーンですくって食べておりました。。。(笑)
 


Le Chocolat Alain Ducasse Manufacture à Paris
 
●40 rue de la Roquette 75011 Paris  TEL: 01 58 00 23 68
● Metro 「Bastille」
パリ在住の料理研究家・野菜ジュニアソムリエ・フードアナリスト登録。高校からカナダ、メキシコに渡り国際経済、ビジネスを卒業。その後、北米、東京、欧州で勤務。海外でよくゲストを招き大好きなお料理でおもてなしを楽しむ。東京では近茶流・柳原料理教室で伝統の日本料理、懐石の基礎を学び。フランス、パリ・コルドンブルー本校卒業後は仏外務省のキッチンへ。世界の名立たるワインと日本酒の知識を得、ワインとお酒、そして料理のマリアージュをテーマに世界のセレブ達の食事、パーティーのおもてなし料理を作る出張料理人。お料理教室では、旬のBIO野菜を使って簡単でおしゃれな家庭料理や保存が効くお惣菜を中心に、バター少なめの軽いフレンチ、健康的な和モダンフード、そして、アレルギーの子供達へ代用食材を使ってのお料理を提供。インターナショナルな生徒が集まるため、英語、フランス語、日本語、スペイン語でのお料理教室。外国人生徒にはパリ郊外のオーガニック畑から送られる新鮮な日本の野菜で和の家庭料理・日本酒愛好家のためにお酒とおつまみ。そして大人気のカワイイBENTO風を披露。Webなどにパリ日記・おいしい食べ歩き・レシピ提供しフランス料理をはじめとする世界各国の料理に挑戦する毎日。

おすすめ

 

おすすめ

 

おすすめ