フランスライフスタイル  ファラフェル|Falafel
10/08/201611:31 三上功
 
マレ地区で人気の食べ歩き料理
 
 
パリ観光で人気のマレ地区。小さくておしゃれなブティックや貴族の館があり、散策に人気のエリアです。そんなマレ地区で歩きながら食べられる料理として人気なのがファラフェルのスタンド。ファラフェルとはヒヨコ豆のコロッケとナスなどの豊富な野菜をピタパンで包んだイスラエル(中東)の料理で、ボリューム満点でとても美味しいです。ユダヤ人の多いロジエ通りに何軒かあり、特に美味しいのがラス・デュ・ファラフェル(L'As du Fallafel)というお店で、緑色の外観が目印です。ファラフェルは1つ5ユーロ程度で、店員が見事な手さばきでピタパンに食材を詰め込んでいく姿は見ていて気持ちいいです。ファラフェルは歩きながら食べれるのにマレ地区の観光の際にも便利。歩いて5分ほどのところにあるヴォージュ広場の芝生で食べるのもいいですね。 
 
 
ファラフェルのお店.png

ファラフェル.png

 
ラス・デュ・ファラフェル(L'As du Fallafel)
34 rue des Rosiers 75004 Paris
休業日:土曜日 

 
東京出身。慶應義塾大学文学部卒。 大学時代に写真撮影を始める。2007年、パリに一年間滞在して写真を制作。 以後毎年パリへ出かけ、変化し続けるパリと変化しないパリを撮り続けている。 他にパリを舞台にした小説を書いている。

おすすめ

 

おすすめ

 

おすすめ