フランスライフスタイル  クーポール|La Coupole
24/02/201714:37 三上功
 
アールデコ様式の老舗カフェ
 
La-Coupole_1.png
 
エコール・ド・パリの時代、1927年に創業の老舗カフェ。モンパルナスを代表するカフェの中では一番新しいものになります。ヘミングウェイが『日はまた昇る』を出版した翌年にオープンし、パブロ・ピカソ、サルバドール・ダリ、ジャン・コクトーなどが通いました。内装は美しいアール・デコ様式。今でも昔ながらのフランス料理が楽しめます。中でも人気なのは生牡蠣などのシーフード料理。他のモンパルナスの有名カフェと比べて、フランス人のお客さんが多いのが特徴です。ちなみにソフィー・マルソーの出世作『ラ・ブーム』で主人公がおばあちゃんと一緒に訪れたのがこのお店です。

 
La Coupole
住所:102 Boulevard du Montparnasse 14e Paris
最寄メトロ:ヴァヴァン(Vavin)
 
La-Coupole_2.png
 
東京出身。慶應義塾大学文学部卒。 大学時代に写真撮影を始める。2007年、パリに一年間滞在して写真を制作。 以後毎年パリへ出かけ、変化し続けるパリと変化しないパリを撮り続けている。 他にパリを舞台にした小説を書いている。 (http://www.geocities.jp/kcc_newair/novel.htm)

おすすめ

 

おすすめ

 

おすすめ