フランスライフスタイル  Marie Anne Cantin
たまには観光地に出かけてみようかと、いつかの週末にエッフェル塔見物に行きました。といってもエッフェル塔をただ見て手ぶらで帰るはずはなく、結局お目当ては近くにあるチーズ屋さん。エリゼ宮(大統領官邸)にも納入しているというパリの有名店、マリー=アンヌ・カンタンです。
 
s-1912012.jpg
 
基本的にフロマージュリーには働き者の店員さんが多く、こちらの希望を言うとあれこれ親切に選んでくれるものなのですが、このお店はチーズを見ていても何も聞いてくれないので「??」と思っていたら・・・驚いたことに日本人の店員さん登場!日本語で色々と教えてくれました。かなり知識があるようでしたので、多分ただのバイトさんではなくてチーズ留学をされている方なのかな~。
 
s-P3229801.jpg

s-P3299809.jpg

 
チーズの種類も豊富で珍しいものもあったりしてなかなか興味深いお店でしたが、セレブ御用達とあってやはりお値段は高め。そして何より気になったのは、日本人の相手は日本人店員に任せればいいでしょ!とばかりにボーッと立っていて何もしないフランス人たち。私の中では、気取った八百屋や元気のない魚屋、働かないチーズ屋さんというのは何かしっくり来ないなぁと思ってしまうわけです。
 
ちなみにパリ土産として評判らしいバターも食べてみまして、もちろん文句無く美味しかったのですが、このミルクっぽいバター系統だったらやっぱりお気に入りのBeillevaireが未だランキング1位の座にいます。そういえばここのお店も行く度に威勢のいいお兄さんが迎えてくれて、バターひとつだけ買っても嫌な顔をしないし、チーズも熱心に選んでくれるし、これぞ正しきフロマージュリーですね。
1981年東京都生まれ。 学習院大学法学部法学科卒業 ウェストミンスター大学芸術学部ファッション学科修了 ジュネーブ大学文学部言語文化学科修了 大学卒業後、国産大手化粧品会社に入社。宣伝部にてテレビCM、雑誌広告の制作に携わる。 その後フランス系外資化粧品会社にプレス(広報)として転職。 2009年、スイスのジュネーブに移住。大学生活の傍ら蚤の市通いに熱中し、 2010年にアンティークを扱うネットショップをオープン。 2013年よりパリに拠点を移して活動し、2015年に日本帰国。

おすすめ

 

おすすめ

 

おすすめ