映画  RIEN NE VA PLUS 『最後の賭け』
29/11/201815:35 Yusuke Kenmotsu
詐欺師コンビの大勝負
 
Rien-ne-va-plus_TV5MONDEApac_1.jpg
 
1997年のクロード・シャブロル監督作品。『美しきセルジュ(1957)』や『いとこ同志(1959)』で鮮烈なデビューを果たし、同時期にフランソワ・トリュフォー監督が『大人は判ってくれない(1959)』、ジャン=リュック・ゴダール監督が『勝手にしやがれ(1959)』がを発表するとその勢いは世界に波及し、そのムーブメントはヌーヴェルヴァーグと呼ばれることになる。そして以降の映画や映画人に多くの影響を与えたというのが映画史として光が当たる部分だろう。しかし興行としてヌーヴェルヴァーグ作品で本当にヒットしたのはほんの数本で、60年代に入るとベテラン映画人の反撃もあり、客足は遠のき批評も芳しくなくなる。

そんな中いち早く商業映画に乗り出したのがシャブロルであった。『虎は新鮮な肉を好む(1964)』というスパイアクションを撮り、これがヒットして後に虎シリーズとして作られていくことになる。当時ショーン・コネリーの007シリーズが出始めたころで、スパイ映画人気に便乗したとして、批評家だけでなくヌーヴェルヴァーグの仲間からも商業主義に魂を売って堕落したなどと批判されることになる。
しかしこの時期があったからこそ(日本未公開ではあるが)70年代の芳醇な犯罪映画群を作ることが可能になったわけで、スパイ映画シリーズが無駄であったとは言い難い。
 
シャブロル監督の作品は生涯で50本以上あり多作の監督であった。作家主義的な映画と商業主義的な映画が入り交じり、質的にも玉石混淆ともくされており、かなりの数の作品が日本未公開のままである。『最後の賭け』は2010年のシャブロル監督の死後、『甘い罠(2000)』『悪の華(2003)』と合わせて2012年にクロード・シャブロル未公開傑作選としてなんとか公開に至った。
 
Rien-ne-va-plus_TV5MONDEApac_2.jpg

『最後の賭け』はカジノの場面から始まる。ルーレットを玉が回りながら現れるスタッフやキャストのタイトルバックは昔のスパイ映画のようで気が利いている。そしてシャブロル作品を数多く観ているものなら、いつものような陰惨さやシニカルさは薄いのではないかと感じるようなコミカルなオープニングだ。ルーレットの台で隣に座った男にベティ(イザベル・ユペール)は話しかける。ルーレットでは負けてしまうが男と仲良くなったベティは彼をバーに誘う。ベティの色仕掛けにメロメロになった男は睡眠薬を入れられているなど疑うはずもなく、2人でホテルの部屋に入るやいなや寝てしまう。その部屋に入ってくる初老の男はカジノからずっと心配そうな眼差しをベティに送っていたヴィクトール(ミシェル・セロー)だ。彼らは寝入った男の財布から現金を抜き取って去っていく。彼らは親子ほど年の離れた詐欺師コンビなのだ。彼らはカードを盗むことや有り金全部を盗むことはしない。小さく稼いでいくのだ。

次のターゲットを探すために舞台は南仏からスイスのシルスマリアへ。ベティがたまたま列車で出会い、それから1年ほどつきあっているモーリスという大企業の経理部長が次の獲物のようだ。しかし彼は500万フランを持ち逃げしようとしている男で、今まで小さく稼いできたベティたちにとってヤマが大きすぎる。身の丈に合わない大きな犯罪だが、一世一代の最後の大勝負として、モーリスが慎重に扱っているアタッシュケースを新聞の詰まった別物とすり替える作戦だ。モーリスを簡単に騙すことができても今回のヤマは大きすぎてバックにはマフィアがおり、ベティとヴィクトールはマフィアに捕まってしまう。さて彼らはどうなってしまうのかというのをコミカルかつスリリングに描いていく。

Rien-ne-va-plus_TV5MONDEApac_3.jpg
 
本作はシャブロル作品には非常に珍しくハッピーエンドに近い終わり方なので、誰もが楽しめる映画になっている。そうでありながら本作での効果的なオペラ『トスカ』の使い方は以前の作品『沈黙の女/ロウフィールド館の惨劇(1995)』での『ドン・ジョヴァンニ』の使用法を思わせるし、死体はそっと上階にあり、その殺人者は死体ほど重要ではないというシャブロル的倒錯は後の作品『悪の華』や『石の微笑(2004)』でも繰り返されるといったように実はシャブロル監督のエッセンスはしっかり詰まっているのでシャブロル監督初心者にも丁度いい作品だろう。
1982年生まれ。京都市在住。 古今東西の映画や国内外の映画祭を愛す。 フランス映画に惹かれたきっかけは、印象派絵画の巨匠オーギュスト・ルノワール の次男坊という興味で観始めたジャン・ルノワール監督作品との出合いから。 人生の悲喜交々を、自然や天候と戯れるような大らかさや女優たちへの少しばかり 淫らな視線、画面の構図、色彩感覚といった父親譲りの才能で描き出された彼の 作品群で映画の歓びを知る。 フランス映画以外ではアメリカのフィルム・ノワールや西部劇が特に好み。 映画検定一級取得。

おすすめ

 

おすすめ

 

おすすめ