グルメ  人参COCOスープ
30/01/201511:49 Mayu-Kitchen
去年から何とも作っている人参Cocoスープ。人参スープが大変身。というより、ココナッツミルクが使えきれなくてこまっている方へ、とっても朗報なスープ。材料は人参、玉ねぎ、そしてココナッツミルク。コクやスパイスが足りない!なら生姜やカレーパウダーを足してみてくださいませ。
 
Picture-1.jpg
 
無農薬野菜、有機野菜、もし皮ゴト人参を使いたいならどうぞ、どうぞ。栄養価もあがります。ただしどちらがシルクのようにキメの細かい仕上がり?といったら、もちろん皮なしです。
 
Picture-2.jpg
 
作り方: 
人参500g(3〜5本) 
玉ねぎ大1(200gほど)
1Lの水(または固形スープ1を足したお湯) 
ココナッツミルクかクリーム 1カップ
好みで生姜、カレー粉、コリアンダー、クミン、シナモン
塩胡椒
 
1) 人参と玉ねぎをスライスして油大さじ1と一緒にお鍋で炒める。全体に火がまわったら、固形スープをいれ、ひたひたになるぐらい水(または固形スープを溶かしたお湯)を加える。
 
2)蓋をして人 参が柔らかくなるまで煮たら、ミキサーでドロドロに。
 
3)鍋に戻し、ココナッツミルクを入れて一度沸騰させる(これでトロミ感がまします)
 
4) 塩、胡椒、で味付け。 もうちょっと味は欲しければ、生姜、カレー粉、またはシナモンをちょっぴりたしてください。スパイスは混ぜてもいいし、一つでも。量も一度にたくさん入れずにちょっぴりから。

 
picture-3.jpg
パリ在住の料理研究家・野菜ジュニアソムリエ・フードアナリスト登録。高校からカナダ、メキシコに渡り国際経済、ビジネスを卒業。その後、北米、東京、欧州で勤務。海外でよくゲストを招き大好きなお料理でおもてなしを楽しむ。東京では近茶流・柳原料理教室で伝統の日本料理、懐石の基礎を学び。フランス、パリ・コルドンブルー本校卒業後は仏外務省のキッチンへ。世界の名立たるワインと日本酒の知識を得、ワインとお酒、そして料理のマリアージュをテーマに世界のセレブ達の食事、パーティーのおもてなし料理を作る出張料理人。お料理教室では、旬のBIO野菜を使って簡単でおしゃれな家庭料理や保存が効くお惣菜を中心に、バター少なめの軽いフレンチ、健康的な和モダンフード、そして、アレルギーの子供達へ代用食材を使ってのお料理を提供。インターナショナルな生徒が集まるため、英語、フランス語、日本語、スペイン語でのお料理教室。外国人生徒にはパリ郊外のオーガニック畑から送られる新鮮な日本の野菜で和の家庭料理・日本酒愛好家のためにお酒とおつまみ。そして大人気のカワイイBENTO風を披露。Webなどにパリ日記・おいしい食べ歩き・レシピ提供しフランス料理をはじめとする世界各国の料理に挑戦する毎日。

おすすめ

 

おすすめ

 

おすすめ