フランスライフスタイル  コンク:フランスの最も美しい村
18/08/201516:41 Mayu-Kitchen
世界遺産に登録されてる巡礼道 「サンティアーゴ・デ・コンポステーラ」。言って見れば、フランス版お遍路さん。その道の山間にある“フランスの最も美しい村”がConques コンク。巡礼地の厳粛さもありながら、観光地としての華やかさもあってとても素敵! まるで中世にタイムスリップしたかのよう。
 
1.jpg
 
さて、ここコンクは、スペインの「サンティアゴ・デ・コンポステーラ」へ続く、一番有名な巡礼地「ル・ピュイの道」にあり、巡礼者たちは、ここの教会で祈りを捧げ、さらに、西へ西へとスペインまで歩いていったそうです。世界遺産登録の修道院の正面入口の上にある「最後の審判」。右手で天国を、左手で地獄を示しているそうです。

2.jpg

教会の中の日本語で書かれたメッセージと巡礼者の偶像。 巡礼=お遍路さんをする旅人へ愛をというメッセージ。
 
3.jpg
 
この巡礼のシンボルでもある「ホタテ貝」のモチーフが村中沢山! GITE(ジット)とはお宿のこと。巡礼者用のパスポートをもっていれば、一泊10ユーロ前後だとか。 今でも昔のまま、巡礼者がしっかり休憩できるような施設がこの村には沢山あります。
 
4.jpg
 
現在、宗教的だけでなく、「フランスの最も美しい村」に登録されていて、観光地としても大人気のここコンク。でも、決して派手な観光地ではなく、旅人への“癒し”が沢山伝わってきますよ〜

5.jpg

6.jpg


パリ在住の料理研究家・野菜ジュニアソムリエ・フードアナリスト登録。高校からカナダ、メキシコに渡り国際経済、ビジネスを卒業。その後、北米、東京、欧州で勤務。海外でよくゲストを招き大好きなお料理でおもてなしを楽しむ。東京では近茶流・柳原料理教室で伝統の日本料理、懐石の基礎を学び。フランス、パリ・コルドンブルー本校卒業後は仏外務省のキッチンへ。世界の名立たるワインと日本酒の知識を得、ワインとお酒、そして料理のマリアージュをテーマに世界のセレブ達の食事、パーティーのおもてなし料理を作る出張料理人。お料理教室では、旬のBIO野菜を使って簡単でおしゃれな家庭料理や保存が効くお惣菜を中心に、バター少なめの軽いフレンチ、健康的な和モダンフード、そして、アレルギーの子供達へ代用食材を使ってのお料理を提供。インターナショナルな生徒が集まるため、英語、フランス語、日本語、スペイン語でのお料理教室。外国人生徒にはパリ郊外のオーガニック畑から送られる新鮮な日本の野菜で和の家庭料理・日本酒愛好家のためにお酒とおつまみ。そして大人気のカワイイBENTO風を披露。Webなどにパリ日記・おいしい食べ歩き・レシピ提供しフランス料理をはじめとする世界各国の料理に挑戦する毎日。

おすすめ

 

おすすめ

 

おすすめ