グルメ  チェリージャム
11/09/201512:33 Mayu-Kitchen
チェリージャム & さくらんぼの種取り器
 
贅沢極まりないジャムをつくりました。さくらんぼジャム!私のフレンチママのレシピです。毎年いただくジャムはもう最高。さくらんぼがマルシェに現れたら、さっさとジャムを作らなきゃ。このジャム、バタートーストと相性バグツン。クレープだって、パンケーキももちろん美味しい。そして、フランスでは、ブレビーといって、羊のチーズにこのさくらんぼジャムを乗っけてたべるんですよ。こちらも絶妙。
 
1.jpg
 
さくらんぼは日本じゃ、桐箱に入って売っている、とってもお高いフルーツの一つ。なので、一粒一粒味わうのが庶民。便利なモノ王国の日本で見かけないキッチングッズ、それがこれ、さくらんぼの種取りマシーン。 こんなのフランスにはあるんです。
 
2.jpg
 
このキッチングッズ、フランス語でDénoyauteur (英語チェリーピッター)があれば、さくらんぼの種取りが手軽にできます。だからさくらんぼ1kg があっという間ジャムになりました! 
 
3.jpg
 
贅沢極まりないジャム、うふふ〜〜 どうやって食べよう!
 


さくらんぼジャムの作り方
 
・さくらんぼ…ジャムにしたい量
 1kg ・/砂糖…果実の50~60% /
・レモン汁…適量(500gの実で1/2個を目安)
 

種を取りのぞきます.
さくらんぼの実を計り、砂糖の分量を算出し、軽量します。
種を取ったさくらんぼに、砂糖をまぶし、1時間以上置いておきます。砂糖がしっとり溶けた状態の実を鍋に入れ、やや弱火で煮ます。
あくを丁寧に取りのぞきながら、煮詰めていきます。
※味見をしながらお好みの甘さに調整してください。
20分ほど煮詰めたら、変色を防ぐためのレモン汁を加えて、さらに煮込み、とろみがついたら火を止めます
殺菌済みの瓶に温かいうちに移し入れ、ふたを閉めずに乗せるだけにして、瓶ごと15分ほど煮沸消毒します。 その後ふたをギュッとしめて、瓶を逆さまにして、湯の中でさらに10分ほど煮沸。
煮沸後は、瓶を逆さまに置いて冷まします。
完全に冷めたら、冷蔵庫で保存してください。
 
4.jpg
 
パリ在住の料理研究家・野菜ジュニアソムリエ・フードアナリスト登録。高校からカナダ、メキシコに渡り国際経済、ビジネスを卒業。その後、北米、東京、欧州で勤務。海外でよくゲストを招き大好きなお料理でおもてなしを楽しむ。東京では近茶流・柳原料理教室で伝統の日本料理、懐石の基礎を学び。フランス、パリ・コルドンブルー本校卒業後は仏外務省のキッチンへ。世界の名立たるワインと日本酒の知識を得、ワインとお酒、そして料理のマリアージュをテーマに世界のセレブ達の食事、パーティーのおもてなし料理を作る出張料理人。お料理教室では、旬のBIO野菜を使って簡単でおしゃれな家庭料理や保存が効くお惣菜を中心に、バター少なめの軽いフレンチ、健康的な和モダンフード、そして、アレルギーの子供達へ代用食材を使ってのお料理を提供。インターナショナルな生徒が集まるため、英語、フランス語、日本語、スペイン語でのお料理教室。外国人生徒にはパリ郊外のオーガニック畑から送られる新鮮な日本の野菜で和の家庭料理・日本酒愛好家のためにお酒とおつまみ。そして大人気のカワイイBENTO風を披露。Webなどにパリ日記・おいしい食べ歩き・レシピ提供しフランス料理をはじめとする世界各国の料理に挑戦する毎日。

おすすめ

 

おすすめ

 

おすすめ